「カッコイイおとな」になりたい!!

いつまでも大人になれないいい歳のオッサンが「カッコイイおとな」を目指して頑張ってるサイト

子育て

こいのぼりのうるさい音を一瞬で静かにする方法ーー車輪を固定しなくても騒音をやませることは可能

鯉のぼりの車輪がまわるときの騒音、気になるという人多いのではないでしょうか。 そんなかたのために、この騒音を一発で解決する方法をご紹介したいと思います。 「車輪」を固定しなくても大丈夫です。 ふわぷかさんによるイラストACからのイラスト 5月も間…

出産で30歳でしごとやめたら、人生で何円損するか

あるしらべによると、出産を機にしごとをやめてしまう人の数は年間に20万人*1。 今、しごとをしている女性が妊娠したら、3人に1人はやめてしまいます。 ところで、妊娠・出産のために仕事をやめた場合、長い人生でどのぐらい収入が減ることになるのか考えた…

シンカリオン・ハヤトの言いたかったこと3 ~機械も人間も同じ~

<前のページへ 「機械は人間と同じ。ちゃんとツボを押さえてやればいつまでも働くし、間違って扱えば、すぐ止まりもする」 経験と知識をかわれて「超進化研究所」に配属された整備士の「キントキ」さん 気むずかしく職人かたぎの彼は、長年にわたり鉄道の車…

シンカリオン・ハヤトの言いたかったこと2 ~鉄路にたずさわってきた、すべての人たちへ~

< 前のページへ ところで、「シンカリオン」は子供むけの変形ロボ・アニメでありながらも、制作にはJR社と連携しているという それだけに思いのほかリアルな面もあり、鉄道関係者を泣かせているのではないだろうか たとえばシリーズがはじまる一番最初のシ…

シンカリオン・ハヤトの言いたかったこと1 ~扱い方をまちがえると、壊れちゃう・・・人間だって同じだよ!~

子供と暮らしていると、子供むけに作られた作品であるにもかかわらず ハッとさせられることが少なくない けさ耳にしたことも、そんなうちの一つだ 今春から放映が始まっているアニメシリーズ 「新幹線変形ロボ シンカリオン」 一言で説明するならば 世界観は…

「うそつきは泥棒のはじまり、怒りん棒は〇〇のはじまり」

これは、ある4才児(ダイちゃん)と父親とのある日のやりとりである・・・ (父親=私) それは保育園がお休みの日の朝 親子が仲良く遊んでいるすると4才児がそれまでの話の脈絡(みゃくらく)に関係なく、急に次のような話をはじめた 「・・・お父さん、…

思いがけず心うたれるもの(2)

(~前回からの続き) 「学習発表会」というのは、かつての「学芸会」のことだ 時代や地域によって呼び名が変わるのか、どんななりゆきでそうなったか定かではないが、じっさい行われていることは同じだ 日ごろの学習の成果を保護者の目の前で披露(ひろう)…

思いがけず心うたれるもの

以前、友人の結婚式に呼ばれたときの話だ時間を見計らってエレベーターに乗り込むとちょうど同じく招かれた同級生と乗り合わせた彼は奥さんと一緒だった「おう、ひさしぶり!」先に気がついたのは友人の方だった「!ひさしぶりだな」久しぶりに会う親しい友…